IT系の仕事でフリーランスになって給料を上げる方法。

フリーランスになる

フリーランスになる

会社員の場合、どんなに高いスキルを持っていたとしも、もらえる給料には限界があります。そこからさらに給料をアップさせる方法があるとすれば、あとはフリーランスになることです。IT系の職種はフリーランスが活動できる場も多く、得意分野を生かして収入を増やすことができます。フリーランスも稼げる額には限界があるかもしれませんが、可能性は大きく広がるでしょう。

LINEで送る

フリーランスで年収1,000万円を稼ぐことはできる?

常にチャレンジする気持ちを持ち、様々な案件をクリアすることでスキルアップしていくフリーランスは、クライアントからの信用を得て仕事の価値を高め、年収1,000万円以上稼ぐこともあります。そのようなフリーランスになるためには、本人の努力が何より必要です。フリーランスは働くペースも内容も自分で選択することができるだけに、やりたいことを適度にこなすような働き方も可能です。中には言われたことだけを確実にこなそうと思う人もいるでしょう。それはそれでフリーランスの働き方の一種ですが、1,000万円プレイヤーを目指すなら、より良いものを作る意識を高く持ち、積極的にクライアントに提案するぐらいの意気込みが必要です。

稼ぐフリーランスはヒューマンスキルが命

案件によって現場が変わるフリーランスは、行く先々の職場にその都度適応していかなければなりません。ずっと一緒に働いて気心の知れたメンバーではなく、初めて会う人と一緒に働いて最高のパフォーマンスを発揮するためには、高いコミュニケーション力が求められます。また、円滑なチームワークのため、技術力以上に人柄を重視されることもあります。何より「また一緒に仕事をしたい」と思ってもらえる人が、勝ち上がっていくのがフリーランスの世界なのです。

年収をさらに底上げするために

フリーランスが稼ぐために覚えておきたい手法がストックビジネスです。ストックビジネスとは、毎月ある程度決まった収益があるビジネスモデルのことで、生活に密着したところでは電気やガス、通信料金などもストックビジネスです。ストックビジネスに対する手法にフロービジネスがありますが、フロービジネスは一度きりの取引になるため収益に継続性がありません。ストックビジネスについては、収益を得られる構造を一度作っておけば定期的に収入が見込めるようになるため、仕事にかける手間を大幅に減らすことができます。IT系フリーランスなら1案件で高単価も狙うことができる上に、ストックビジネスを取り入れることによってより効率的に収益を上げる体制を作ることができるので、1,000万円プレイヤーを目指す人ならぜひ覚えておきたい手法です。

Link