転職する

転職する

専門性の高いスキルを生かして給料を一気にアップさせる方法が「転職」です。ITが社会インフラ化してからはあらゆる分野でIT職が必要とされるようになり、業界を問わず多くの求人を見かけるようになっています。IT業界内でも選択肢は多く、実力さえあれば大手IT企業に転職するチャンスもあります。

LINEで送る

IT職は転職で給料アップを狙いやすい

IT職向けの求人情報をチェックしてみると、高収入を提示している職種や業種を数多く見つけることができるはずです。日本全体でIT人材が不足しているというだけあって、企業は好条件を提示してでも人材確保に力を入れています。
ITエンジニアなどは、ベースに高い専門性を持ち、経験で培ったコミュニケーション力やマネジメント力、問題解決力、理論的思考力など様々な要素が加わることによって、汎用性の高い人材に成長します。そのような人材は、IT業界だけでなくその他の業界でも必要とされており、職種も業界も選ばないなら給料アップもそれほど難しくありません。転職すれば環境も仕事内容も変わるため、適応するまでは大変かもしれませんが、日々頑張っていれば時間が解決してくれる問題です。

交渉のススメ

和を重んじ、交渉を苦手とする日本人は、転職時に企業側から提示される条件をそのまま承諾することがほとんどです。その背景には、交渉が苦手なだけでなく、交渉することで評価が下がってしまうことを心配して言い出せないということもあるようです。応募先によっては交渉しなくても十分な金額を提示してくれることがありますが、そうでない場合には希望する額に近づくよう交渉してみる必要があるでしょう。

転職面接で交渉を成功させるコツ

面接時に給料の交渉をすることにためらいを感じる人も少なくありませんが、後回しにすればするほど言い出しにくくなるかもしれません。最初の面接で条件交渉を済ませておけば、その後が圧倒的に楽になります。ただし、交渉は切り出すタイミングと話し方が重要なので、あまり前のめりになりすぎないよう十分注意する必要はあります。ベストタイミングは「最後に何か質問はありますか」と聞かれた時です。ここはストレートに「現時点で自分が入社した場合、給与はどれくらいの水準になるでしょうか」などと聞いてみましょう。金額が希望に届かないようであれば、具体的な金額ではなく前職の年収にプラス何パーセント程度なのか、割合で示すようにするとマイルドな印象になります。その条件が通るか通らないかは先方に任せることで、あとは返事を待つばかりです。それで選考が先に進むようであれば、提示した条件でOKということになるため、安心して次のステップに進めます。

Link