IT系の仕事「Webデザイナー」の給料を考察します。

Webデザイナーについて

Webデザイナーについて

IT系は職種によって給料の額も様々です。ここでは、Webデザイナーの給料について掘り下げていきます。Webデザイナーの定義そのものが曖昧な部分もあるため、スキルや経験次第でここでご紹介する以上の金額になることもあれば、それ以下になることもあります。

LINEで送る

Webデザイナーの平均年収は?

Webデザイナーの平均年収は、正社員でおよそ360万円程度とされています。スキルがHTMLとCSSのみなら年収はもっと低くなる可能性があります。日本のWebデザイナーは全般的にあまり待遇が良くないイメージが強く、専門職としてのメリットが感じられないことも少なくありません。海外に出ると年収700万円越えのケースもあることを思うと、決して多いとは言いがたい金額ですが、これが今の日本のWebデザイナーの現状です。外部のWebデザイナーに委託すればさらにコストカットできるので、正社員としては妥当な金額とも言えます。ただし、Webデザイナーとしての基本スキルだけでなく、プラスアルファのスキルがあればあるほど収入に反映されるため、年収500万円以上の給料をもらうことも可能です。

Webデザイナーが働く環境

どこまで作業をすれば完成というわけではないのが、Webデザイナーの大変さでもあり面白いところです。クライアントの期待以上のものを作ろうと思うと、つい作業に没頭してしまうことも少なくありません。しかし、長くWebデザインの仕事を続けていれば作業の手際が良くなってくるため、当初は膨大な時間をかけてやっていた作業でも、わずかな時間と少しの手間でクリアできるようになります。ただ、クライアントからの依頼を受けたら完成までずっと作業に集中しなければならないことも多く、体力はもちろんのこと根気も必要な仕事です。

Webデザイナーのキャリアパスとは

Webデザイナーとしてのキャリアの先には、WebディレクターやWebプロデューサーという役職があります。それに伴って当然年収もアップしていくため、キャリアアップに向けたやりがいは十分です。WebディレクターやWebプロデューサーになると、現場の作業というよりはクライアントとの折衝が主な業務です。Webデザインについての細かい要望、納期までのスケジュール、プロジェクトチームのメンバー選定などを決定する責任者としてデザイナーに様々な指示を出すため、Webデザイナーとしての高い経験値がないと難しい仕事かもしれません。大幅な年収アップを狙いたいなら、デザインだけでなくプログラミングスキルやマネジメントスキルを身につけて、デザイナー兼エンジニアとして活躍するという方法もあります。

Link