IT系PM・PLの仕事内容と理想の資質とは?年収額も考察

PM・PL(プロジェクトマネージャー/リーダー)について

PM・PL(プロジェクトマネージャー/リーダー)について

IT業界におけるPM・PLの仕事は、主にプロジェクトを取りまとめることです。しかし、双方は担う仕事内容は若干異っており、それに伴い必要な資質やスキルにも違いが見られます。ここでは、仕事内容や求められる要素を紹介しつつ、給料の額まで考察していきましょう。

LINEで送る

PMの仕事内容

「PM」とは、「プロジェクトマネージャー」の略称です。主に、ITシステムの開発に際してプロジェクトのスケジュール、予算、品質、納期などの管理を行います。具体的には、まず、クライアントが抱える課題や要望をヒアリング。それを受けて、課題解決に向かうためのシステム開発を計画し、開発に要する期間や予算、メンバー数、技術などの概算を組みます。場合によっては、PM自らがプロジェクトチームのメンバーを選出することもあるでしょう。その後、実際にプロジェクトが稼働してからは、随時スケジュールと照らし合わせながら進行具合を確認します。それに際し、開発者と意思疎通ができるレベルのITスキル、社内事情を踏まえたうえで諸々を決定する経営者的な視点なども必要です。また、社内外の担当者やクライアントとの連携も並行して行います。万が一、クライアントから変更の要望が入ったり、プロジェクトにトラブルが発生したりした場合も、PMが責任をもって対応しなければなりません。そのためには対外的な交渉力、チームに対する牽引力やマネジメント力などが必要とされます。なお、開発完了後に問題点や改善点を見直し、次回へフィードバックするのも大切な仕事です。

PLの仕事内容

「PL」とは、「プロジェクトリーダー」の略称で、PMの1つ下のポジションに位置します。PMは対外的な交渉やプロジェクト全体の管理を行いますが、PLは開発現場を取りまとめるのが主な業務です。具体的には、プロジェクトの要件定義や基本設計、詳細設計を把握し、開発プロセス(設計・実装・テスト・納品)がスムーズに遂行できるよう図ります。その際、トラブルが発生しそうな状況があればフォローに入ったり、対応策を考案し実施したりもするのも大切な業務です。最終的には、納期に遅れないよう、スケジュールの遂行に努めます。それに際し、プログラミング言語やテスト業務の知識、チームをまとめるリーダーシップなどが必要とされるでしょう。なお、会社やプロジェクトの規模によっては、PMがPLの役目を担うこともあります。

PM・PLの給料

一般的に、PM・PLの給料は、同年代のシステムエンジニアやプログラマーよりも高額です。あくまでも一例ですが、PM・PLの平均年収は、20代で468万円ほど。同じく20代のシステムエンジニアやプログラマーの平均年収は、395万円ほどといわれています。30代になると双方の差はさらに広がり、システムエンジニアやプログラマーは、年収505万円くらいなのに対し、PM・PLは622万円ほどまで上昇。PM・PLは、IT業界においてもかなり高収入なポジションだといえます。しかしながら、その責務は重大であるため、対価として考えた場合、優遇されるのも尤もでしょう。つまり、チームのマネジメント業務を担うPM・PLは、それだけ大変な仕事であることがうかがえます。

Link