給料を職種別で考察

Webサイトのデザインを行う「Webデザイナー」、システム開発においてプログラミングを行う「プログラマー」、企業の経営課題をITで解決する「ITコンサルタント」の3つのIT系の職種における給料についてご紹介していきます。どの職種についても、企業やプロジェクトの内容、スキルや知識、経験によって年収には差がありますが、自分の得意なことややりたいことが生かせる仕事で高収入を得るためのヒントにしてみてください。

Webデザイナーについて

Webデザイナーの平均的な給料は、IT系の職種の中ではあまり高くありません。ただし、給与の額はスキルのレベルによって決まるため、Webデザイナーとしての基本スキルに加え、応用スキルが多ければ給与に反映されやすくなります。経験を積んでいけばWebディレクターやWebプロデューサーなどの道もあり、スキルアップしながら続けていけば年収アップも可能です。プログラミングやマネジメントのスキルがあれば、仕事の幅はさらに広がるでしょう。

Read more

プログラマーについて

プログラマーの給料は、働き方や開発の種類、所属する企業などによって幅がありますが、平均的な年収は430万円と言われています。様々な種類があるプログラミング言語の中でも、Javaプログラマーの年収は高めの水準で、大手IT企業なら1,000万円以上の年収も珍しくありません。プログラマーの仕事もベテランになると、システムの要件定義や詳細設計を行うシステムエンジニアとしての要素を求められることもあります。

Read more

ITコンサルタントについて

IT系の中でも高収入なのがITコンサルタントです。収入が多い分だけ求められる能力も高く、ITに関するスキルの高さだけでなく、経営に関する知識やセンス、コミュニケーション力やマネジメント力、高いモチーベーションなど総合的な能力が必要です。ITコンサルタントはとてもエネルギーのいる仕事ですが、自分の持っている知識や能力をフルに発揮して大きなプロジェクトを動かしたい人にとっては、とてもやりがいのある仕事になるでしょう。

Read more
Link
Topics Webデザイナーに転職するなら「WEBデザイナー転職ナビ」がおすすめです。注目求人や緊急案件、極秘案件など特別な転職先を紹介してもらえます。 デザイナーの求人を確認してみる Java使いのプログラマーに転職するなら「プロエンジニア」がおすすめです。簡単登録で、無料のキャリアサポートが受けられます。 Javaの求人を確認してみる ITコンサルタントに転職するなら「フリーコンサルタント.jp」がおすすめです。高度な案件に携わりたい人は無料登録して非公開案件の情報をもらいましょう。 コンサルタントの案件を確認してみる